万葉集 巻七 1237

静けくも岸には波は寄せけるかこれの家通し聞きつつ居れば

***

(静かに岸に波は打ち寄せているのだろうか。家の中から聞いていると。)

あくせくしてない、ゆったりした時間の流れを感じる。
海、行きたいな。





しずけくもきしにはなみは
よせけるかこれのやとおし
ききつつおれば
[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-06-25 21:47 | 音景色=本文=
<< 万葉集 巻四 542 万葉集 巻十七 3988 >>