万葉集 巻二十 4310

秋されば霧たちわたる天の川石並置かば継ぎて見むかも

***

(秋になると霧が立ち込める。天の川に飛び石を置いたら、
いつでも会えるだろうか。)

明日は七夕。
今は「夏」だけど、古代では「秋」。

飛び石を駆けて会いに行く姿が浮かぶ。
霧が立ち込めていれば、
周りからは見えなくなり、自由に会いに行くことができる。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-07-06 21:27 | 季節=本文=
<< 万葉集 巻九 1765 万葉集 巻四 542 >>