万葉集 巻十一 2679

窓越しに月おし照りてあしひきの嵐吹く夜は君をしそ思ふ

***

(窓越しに月が照っているのが見える。嵐が吹く今晩は、あなたのことが思われるよ。)

月が出ているから、会えるはずの夜なのに、
嵐のせいで、恋人に会えない。

最初から会えないと分かっているのと、
会えると思っていたのが会えないのとでは
気の持ちようが違ってくる。

でも天気のせいとなれば、
仕方ない。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-07-26 20:51 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻十二 2955 万葉集 巻九 1765 >>