万葉集 巻十 2160

庭草に村雨ふりて蟋蟀の鳴く声聞けば秋づきにけり

***

(庭の草ににわか雨が降って、蟋蟀の鳴く声を聞くと、すっかり秋めいたことを感じる)

夕方~夜の空気で、秋になったことを感じる。
一昨年よりも去年。去年よりも今年のほうが、秋が好きになっている。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-09-24 17:59 | 音景色=本文=
<< 万葉集 巻八 1613 万葉集 巻三 270 >>