万葉集 巻十一 2506

言霊の八十の衢に夕占問ひ占正に告る妹はあひ寄らむ

***

(言霊の満ち満ちた道の集まる辻で夕占(ゆうけ)をしてみると、占いは告げた。
愛しい人は、私になびくだろうと。)

恋占いの歌である。
「夕占」というのは、夕方、道に出て、範囲を決め、通りかかる人がそこに入ったら、
その人に話し掛けて、その答えのことばによってうらなう占いのこと。

「言霊」はことばの力。霊力。
呪文や、祈りの文言。これらは、ことばの力の良い例だろう。

日々の生活の中で、
誰かのちょっとした一言に、落ち込んだり、元気をもらったりする。

嬉しい一言、ショックだった一言とか、
ずっと覚えてる。

ショックだった一言が、笑って話せるようになると、
うじうじしてた気分がなくなる。

嬉しかった一言は、何年経っても、
思い出す度に、力をもらったりする。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-04-12 22:46 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻十二 2922 万葉集 巻十一 2458 >>