万葉集 巻五 837

春の野に鳴くや鶯懐けむとわが家の園に梅が花咲く

***

(春の野に鳴いている鶯を呼び寄せようと、わが家の庭で梅の花が咲く)

季節の訪れは、
山→野→都と、山から順々にやってくる。

野で鳴いている鶯を、こちらの側(都)まで呼び寄せようと、
梅の花が咲く。

***

昨日、豆まきができなかった。
毎年欠かさずやっていたのに。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-02-04 09:32 | 音景色=本文=
<< 万葉集 巻四 702 万葉集 巻八 1661 >>