万葉集 巻八 1652

梅の花折りも折らずも見つれども今夜の花になほ如かずけり

***

(梅の花を、手折ることもあれば、木に咲くままにと見てきたけれど
今夜の花に及ぶものはなかった)

日曜日、東京都美術館まで、
若冲の『月下白梅図』を見に行ってきた。

開館時間に入館して、
誰も居ない空間で見たかったのだけど、
計画倒れに終わってしまった。

今年は、梅の花を見る機会がないなぁと思っていたら、
今週に入って、毎日(少し遠くからだけど)梅の花を見ることができている。

もしかしたら、
私が気がつかなかっただけで、
これまでにも梅の木の横を通っていたのかもしれないな。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-03-08 21:52 | 植物=本文=
<< 万葉集 巻十四 3441 万葉集 巻五 842 >>