万葉集 巻五 820

梅の花今盛りなり思ふどちか挿頭にしてな今盛りなり

***

(梅の花は今が盛りだ。仲の良い同士で、梅の花を頭に挿そう。今が盛りだよ。)

春の力を体に取り込むために、
梅の花を頭に挿す。

本来の意味は、飾りではなくて、儀式。
髪飾りの起源はここにあるのかな。

成人式・卒業式と、
母親に選んでもらった髪飾りをつけた。
白梅の髪飾り。

成人式のときは、生花をつけている子も多かったな。

卒業式シーズンのこの時期、
袴姿の女の子を見ながら、少し胸が痛くなる。

一年が過ぎた…と感じる。



***

うめのはな いまさかりなり
おもうどち かざしにしてな
いまさかりなり
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-03-20 06:14 | 植物=本文=
<< 万葉集 巻十九 4144 万葉集 巻七 1271 >>