万葉集 巻十二 3129

桜花咲きかも散ると見るまでに誰かも此処に見えて散り行く

***

(桜の花が咲いては散っていくように、
ここに現れては、方々に去ってていく人々。どんな人々なのだろう。)

私が止まっていても、周りは動いている。
もちろん、私が止まっているときに、
同じように、止まっている人もいるだろうけど。

行動次第で、状況は変えられる。



***

さくらばな さきかもちると みるまでに
たれかもここに みえてちりゆく
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-04-05 12:00 | 植物=本文=
<< 万葉集 巻十一 2785 万葉集 巻十九 4144 >>