万葉集 巻二十 4516

新しき年の始の初春の今日降る雪のいや重け吉事

***

(新しい年のはじめの、新春の今日に降りしきる雪のように、
 いっそう重なれ、吉き事よ。)

万葉集の一番最後に収められている歌。
天平宝字三年(759)の正月一日に家持によって詠まれている。
年のはじまりの歌。

***

通過点の一つだと分かっていても、つい。

これから先に待ち受けているのは、
必ずしも良いことばかりではないのだろうけど、
はじまりの今が幸せなように、
良いこと、幸せなことがどんどん重なっていくように。



***

あらたしき としのはじめの はつはるの
きょうふるゆきの いやしけよごと

d0009323_101459.jpg
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-06-25 13:32 | 季節=本文=
<< 万葉集 巻一 1 万葉集 巻三 373 >>