万葉集 巻八 1519

ひさかたの天の川瀬に船浮けて今夜か君が我許来まさむ

***

(久方の天の川瀬に船を浮かべて、今夜はあなたが私のもとにいらっしゃるでしょうか)

中国の伝説とは逆で、
織女(女)のもとに、牽牛(男)がやってくる。

不思議なもので、
こちらまで、つい、天気を気にしてしまう。



***

ひさかたの あまのかわせに うねうけて
こよいかきみが わがりきまさむ
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-07-07 08:54 | 季節=本文=
<< 万葉集 巻十六 3827 万葉集 巻八 1529 >>