万葉集 巻九 1794

立ちかはり月重なりて逢はねどもさね忘らえず面影にして

***

(月がかわっていき、幾月もが重なり、ずっと逢わないけれど、
 少しも忘れることができない。面影が鮮明に残っている)

先週末、かき氷器を買った。
シロップ代わりに、
カルピス原液と実家製梅酒の二種類用意。

大学生になる頃まで、甘いものが嫌いだったから、
カルピス自体好きではなかった。
今回の、カルピスかき氷が想像以上においしかったため、
子どもたちの人気者"カルピス"を、見直した。

カルピスを水ではなくて、牛乳で薄めるのが好きだという人がいる。
私は、カルピス嫌いな上に、牛乳嫌いのため、
飲んでみようと思ったことは一度も無かった。
それでも、
幸せそうに語る口調には、いつも惹かれていたため、
カルピス見直しを記念して、飲んでみることにした。

この人は、
インスタントのコーンクリームスープも、
お湯で溶くよりも、ホットミルクで溶いたほうが好きだという。
(ただの牛乳好き?)

コーンクリームスープは、私も、ホットミルクで溶いたほうが好きだが、
カルピスは、水で薄めたほうが好きだ。



***

たちかはり つきかさなりて
あはねども さねわすらえず おもかげにして
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-08-09 09:34 | 時間=本文=
<< 万葉集 巻七 1129 万葉集 巻十八 4078 >>