万葉集 巻十六 3859

この頃のわが恋力給らずは京兆に出でて訴へむ

***

(近頃の私の恋への努力に対して何も頂けないのでしたら、
 京のお役所に行って、訴えましょう。)

一つ前の3858番歌と対になった流行歌。
3858番歌が男の歌で、
こちらの3959番歌は女の歌。

こういう即物的な歌も、
万葉集内にあるのがおもしろい。

今日はこれから、親知らずを抜きに行くため、
起きてからずっとそわそわしている。

1度目と2度目は、
気合を入れて行ったにも関わらず、抜いてもらえなかったため、
3度目のチャレンジ!



***

このころの わがこひぢから たばらずは
みさとづかさに いでてうるたへむ
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-09-04 07:54 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻十五 3579 万葉集 巻十六 3858 >>