万葉集 巻十 2158

秋風の寒く吹くなへわが屋前の浅芽がもとに蟋蟀鳴くも

***

(秋風が寒く吹くようになるにつれて、我が家の浅芽のもとで蟋蟀が鳴くよ。)

昨日・今日と、体調の悪かった夫。
私が代わりに出勤できれば良いのだけど、
そういうわけにもいかない。

今週末は、遠出に付き合ってもらうから、
明日はゆっくり休んでもらおう。

ところで、今日は、
"カラスの集会"でも開かれているのかと疑うくらい、
朝から、カラスだらけ。

怖くて、午前中は、外に出られなかった。
それくらい、大量のカラス。

鳴き声に威圧されてしまった。

これまで、
ここは、カラスが少ない所だなぁと思っていたのだけど。

昨日は、赤トンボが異常発生していたし。
何かの前兆?





***

あきかぜの さむくふくなへ
わがやどの あさぢがもとに こほろぎなくも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-09-21 21:45 | 音景色=本文=
<< 万葉集 巻十 2310 万葉集 巻十 2159 >>