万葉集 巻八 1617

秋萩に置きたる露の風吹きて落つる涙は留めかねつも

***

(秋萩の葉に置かれた露が風に吹かれて落ちるように、私の涙も落ちてしまい、
 涙を留めることができない)

フランスで公共の場が全面禁煙になるというニュース。

私はタバコの煙が大嫌いなため、うらやましい。
嫌いなだけでなく、
煙のせいで、湿疹が出てしまうこともある。

タバコの煙が嫌で、
入りたくても入れないレストラン・カフェ...
行きたくても行けないライブ・飲み会etc...

自分の意思でお店が選べるときは、
基本は、全面禁煙のお店にしか入らない。

タバコを吸う人にしてみれば、
至福のひと時が奪われてしまうのは、かわいそうな気もする。

一人でも多くの喫煙者・非喫煙者ともに
満足する環境を作り出せないのだろうか。




***

あきはぎに おきたるつゆの
かぜふきて おつるなみだは とどめかねつも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-10-10 07:40 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻十一 2590 万葉集 巻十 2266 >>