万葉集 巻八 1513

今朝の朝明雁が音聞きつ春日山黄葉にけらしわが情痛し

***

(今朝の夜明けに雁の鳴き声を聞いた。
 春日山が黄葉したようだ。私の心はせつなくなる。)

雁の鳴き声で、春日山が黄葉したことを知る。
心がせつなくなるのは、春日山の黄葉が早く見たいから。

早く見たいと言うと、
今の私は、どうしても、『ZOO KEEPER 』がちらちらと…。

先日、実家に行った際、
兄の前で『ZOO KEEPER 』を実演しながら薦めていたら、
横から、母が乱入してきた。
私と兄で、「母には無理」と言っているのに聞かず。
仕方がないのでルールを説明したところ、
母は、その後、
明け方の4時近くまでやっていたというから驚いてしまう。

そんな何時間もやり続けられる母の気合と根性(意地?)に感服しながらも、
時間制限があり、素早い動きを要求されるゲームは、
心にも体にも悪かろう、と思い、
数日後、"心にも体にも良さそうなゲーム"として、
『水玉潰し』をメールで紹介した。
でも、こちらには見向きもせず、
『ZOO KEEPER 』ばかりやっているらしい。
困ってしまう。




***

けさのあさけ かりがねききつ
かすがやま もみぢにけらし わがこころいたし
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-10-17 08:05 | 季節=本文=
<< 万葉集 巻二 208 万葉集 巻七 1161 >>