万葉集 巻四 657

思はじと言ひてしものを朱華色の変ひやすきわが心かも

***

(もう恋なんてしないと言っていたのに。朱華色のように変わりやすい私の心よ。)

d0009323_21102311.jpg


友達を呼んでの結婚記念パーティーをやりたいとずっと思っていた。

パーティーと言っても、気取った堅苦しいものではなく、
同窓会を兼ねた飲み会感覚のパーティー。

結婚したのは、6月なのに、
いろいろとばたばたしていたら、いつの間にか11月。

そして、11/11、無事に実現。

反省点もたくさんあるし、
一人一人の人とゆっくり話すことができなかったのは心残りだけど、
幸せな時間を過ごすことができた。
来てくれた友達に心から感謝している。ありがとう。

この絵は、高校の友達からのプレゼント。




***

おもはじと いひてしものを
はねずいろの うつろひやすき わがこころかも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-11-15 21:32 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻三 341 万葉集 巻七 1165 >>