万葉集 巻三 341

賢しみと物いふよりは酒飲みて酔泣きするしまさりたるらし

***

(利口ぶって蘊蓄を傾けるよりも、酒を飲んで酔っ払って泣くほうが勝っているらしい)

家から徒歩1分もかからない所に酒屋さんがある。
家族+犬一匹でやっているお店で、
店先や店内を犬がうろうろしていて、それがまたかわいい。

「茂蔵」の商品を扱っているお店のため、
我が家では、納豆や豆腐を買うときに使っている。

酒屋さんなのに、これまで、お酒を買ったことがなかったのだけど、
世間の波にのって、解禁日にボジョレーヌーヴォーを買ってみた。
ルイ・ジャド社のもの。

日本で収穫祭といえば、新嘗祭(にいなめさい)になるのだろうか。
現代では、勤労感謝の日になっている。




***

さかしみと ものいふよりは
さけのみて ゑひなきするし まさりたるらし
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-11-19 10:54 | その他=本文=
<< 万葉集 巻三 338 万葉集 巻四 657 >>