万葉集 巻十七 3965

春の花今は盛りににほふらむ折りて插頭さむ手力もがも

***

(春の花は今を盛りに美しく色づき香っているのだろう。
 枝を折って挿頭にする手力があったらなあ。)

3月に、京都に行ってきた。
目的はただ一つ。
大徳寺聚光院の四季花鳥図を見るため。

聚光院に行くのは二回目。
前回は、大学のゼミで特別拝観させてもらったため、
完全独占状態で見ることができたのに、
四季花鳥図だけは、美術館に貸し出し中のために、
残念ながら見ることができなかった。

冬の特別拝観期間が終わったら、全ての襖絵が
京都国立博物館に寄託されると聞き、
急遽、見に行ってきた。

"聚光院"という本来の居場所で見られる
最後のチャンスになるかもしれないということで。
(里帰り企画とかもありそうだけど…)

前回の訪問から4年の時間が流れている。

d0009323_1420034.jpg


***

はるのはな いまはさかりに にほふらむ
おりてかざさむ たぢからもがも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-04-07 14:22 | 植物=本文=
<< 万葉集 巻十 1879 万葉集 巻四 620 >>