万葉集 巻十 1981

霍公鳥来鳴く五月の短夜も独りし寝れば明しかねつも

***

(霍公鳥がやって来て鳴く五月の夜は短いはずなのに、
 独りで寝ていると、夜明けが待ち遠しく、こらえきれなくなる。)

「短夜(みじかよ)」は、
万葉集中、この一例のみの言葉である。

夏の短い夜。

反意語は、秋の長い夜。
「長夜(ながよ)」が想像できるだろう。

夜が長いことを詠んだ歌は何例かあるが、
「長夜」という語を含んだ歌は、こちらも、一例(巻十・2302)しか確認できない。

d0009323_1639481.jpg

写真提供:Yoko

***

(万葉集 巻十 1981)
ほととぎす きなくさつきの みじかよも
ひとりしぬれば あかしかねつも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-05-07 16:41 | 音景色=本文=
<< 万葉集 巻四 735 万葉集 巻四 661 >>