万葉集 巻十七 3972

出で立たむ力を無みと籠り居て君に恋ふるに心神もなし

***

(外に出かけていこうとする力が無く、引きこもってあなたを恋しく思っていると
 心がぼんやりしてしまう。)

大伴家持の歌。
万葉集に、こんな歌があったことに驚いた。

「心神もなし(こころともなし)」という表現が興味しろい。
"こころもとなし"は聞き慣れているけど、
"こころともなし"は、聞き慣れない。

"こころどもなし"と、濁点をつける注釈書もある。

d0009323_2031083.jpg


***

(万葉集 巻十七 3972)
いでたたむ ちからをなみと
こもりいて きみにこふるに こころともなし
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-07-22 20:31 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻十二 3055 万葉集 巻十 1938 >>