万葉集 巻十二 3007

ぬばたまの夜渡る月の清けくはよく見てましを君が姿を

***

(夜空を渡る月がもっと明るかったら、あなたの姿をもっと見たのに)

帰ってしまってから、もっとちゃんと顔を見とけば良かった。
と後悔する。

またしばらく会えないのだから。

見なかったのではなくて、見えなかった。
月が暗くて、見えなかった。月のせいにしてみる。





d0009323_22325471.jpg

[PR]
by hapipi_hapipi | 2005-06-05 22:23 | 恋=本文=
<< 万葉集 巻八 1569 万葉集 巻四 527 >>