カテゴリ:動物=本文=( 9 )

万葉集 巻十八 4050

めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山ほととぎす何か来鳴かぬ

***

(滅多に来ないあなたが来たら鳴くようにと言っておいた山ほととぎすは、
 どうして、やって来て鳴かないのでしょう。)

「めづらし」は、
ここでは、「珍し(めづらし)」のニュアンスで訳したが、
元々は、「愛づ(めづ)」から派生した語。
対象が素晴らしく、
普通とは異なっていて、心が惹かれてしまうことを表す。

***

夫を迎えに行った帰りに寄ったローソンで、
思わず買ってしまった500mlペットボトルのお茶。伊右衛門。

季節の茶花と題した鈴がおまけに付いていて、
全十二ヶ月。十二種類。

d0009323_23211470.jpg一月 水仙
二月 紅梅
三月 菜の花
四月 桜
五月 菖蒲
六月 藤
七月 紫陽花
八月 朝顔
九月 桔梗
十月 ススキ
十一月 紅葉
十二月 椿

***

(万葉集 巻十八 4050)
めづらしき きみがきまさば なけといひし
やまほととぎす なにかきなかぬ
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-06-09 22:16 | 動物=本文=

万葉集 巻八 1603

この頃の朝明に聞けばあしひきの山呼び響めさ男鹿鳴くも

***

(この頃の夜明けに耳をすますと、山を響かせて男鹿が鳴いている声が聞こえる。)

家持の歌。
題詞には、「鹿鳴(ろくめい)」の歌とある。

***

父親と食事をした帰り、
お土産に買ってくれた「ぷちどーる」のパイシュー。
2人で住んでいるのに、
4個だと縁起が悪いからという理由だけで、パイシュー×5個。

せっかく買ってくれた父親に怒られそうだけど、
味よりも何よりも、"保冷剤"に感動した。
環境型保冷剤(クールアイスエコ)で、除菌・消臭剤として、
再利用できるのだ。

これまで、保冷剤は、保冷剤としてしか再利用したことがなかったので、
ただただ驚くばかり。

普段から、冷凍庫と冷蔵庫には、いくつかのストックがあるが、
増える一方なので、捨ててしまうことがほとんどだ。

この環境型保冷剤は、
実用的な除菌・消臭剤として再利用できるのが魅力的なだけでなく、
再利用しやすいよう、
簡単に開けられるマジックカットになっている点が素晴らしい。

一頻り感動した後、
袋の中とはいえ、除菌・消臭剤になるようなもので保冷するのは、
いかがなものかとも思ったが、
保冷剤のパッケージには、
食品衛生法で食品添加物として認められている
弱酸性次亜塩素酸水を使用と記載してあり、安心感がある。
ここで使われているものは、水道水の塩素濃度と同じくらいらしい。

今まで気がつかなかっただけで、
環境型保冷剤を使用しているお店は多いのかな。

d0009323_983613.jpg

写真提供:Yoko

***

(万葉集 巻八 1603)
このころの あさけにきけば
あしひきの やまよびとよめ さをしかなくも
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-06-04 09:09 | 動物=本文=

万葉集 巻四 502

夏野ゆく牡鹿の角の束の間も妹が心を忘れて思へや

***

(夏の野を歩いて行く牡鹿の角の生え変わりが束の間であるように、
私も恋人の思いを僅かの間も忘れることはない。)

人麿の歌。
夏に生え変わる鹿の角が景として捉えられている。

万葉集中には、鹿の歌が60例ほどあるが、
夏の歌は、この歌一例だけである。

***

昨日は、亀戸天神内にある「若福」に行ってきた。
馬鈴薯豆腐がおいしかった。

d0009323_1083879.jpg

写真提供:Yoko

***

(万葉集 巻四 502)
なつのゆく をしかのつのの つかのまも
いもがこころを わすれてもへや

2007.06.28追記↓
「牡鹿の角の束の間も」は、
鹿の角があっという間に生え変わるということではなかったようだ。
夏になり、鹿の角が生え変わり、角が短いことと、
束の間がかけられていると解釈するのが一般的なようだ。
[PR]
by hapipi_hapipi | 2007-06-02 10:10 | 動物=本文=

万葉集 巻二 111

古に恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行く

***

(昔を恋うる鳥だろうか。弓絃葉の御井の上を鳴きながら渡って行く。)

古(いにしへ)は、「去(い)にし方(へ)=去っていった方」と分解して考えると、
意味が分かりやすい。

キットカットの"きっと、サクラサクよ。"バージョンの大袋を見つけて、
つい買ってしまった。

去年は、手を出さなかったのに…。
あれから一年。まだ一年。もう一年。

手にとったキットカットには、
  『今、がんばらないで、
   いつ、がんばる?』
と書いてあった。本当にその通り。

自分の問題なのに、
自分一人の力で解決できないことが多い。恥ずかしいことだと思う。

先日、相談した友達から、
  『うまくいかない状況があるときに、誰かが支えてくれる、
   そんな環境と関係を育ててこれた自分を、
   ほめてあげてください。』
というメールをもらった。素直に嬉しかった。

年内の授業が、今日で終了。
明日からは、一応、冬休み。

年明け直ぐに、発表目白押しで、
ゆっくり休めないのが現実だけど、
それでも、ちょっと一息。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-20 21:56 | 動物=本文=

万葉集 巻七 1165

夕凪に漁する鶴潮満てば沖波高み己が妻呼ぶ

***

(夕凪に餌をとりに行く鶴は、潮が満ちてくると沖からの波が高くなるので
 自分の恋人を呼んで鳴く)

この歌での鶴は、「鳴く」とは詠われていない。

「妻呼ぶ」という語が使われ、
鶴の鳴き声に、恋人を呼んでいると意味づけして聞いている。

波が高くなったが大丈夫かどうかと、
相手の身を思いやって、声をかけているとも考えられし、
波が高くなってきたことを知らせるために鳴いているのかもしれない。

海に行きたいと思い続けているまま、何年も経っている。
波の音が聞きたい。
今年中に、海に行けると良いな。

***

久しぶりにどら焼を食べた。
先輩から、おやつのおすそ分け。

下赤塚駅前にある、鉢の木のどら焼とのこと。

ものすごく疲労していたこともあるけど、
黙々と、ひたすらパクパクと食べてしまった。

食べ終えて、袋の裏をふと見ると、
品名の欄に、
『夢にのせてふわっとどら焼』と書かれている。

そんな現代風の名前が付けられているとは思っていなかったため、
("どら焼"以外の品名を、全く予想していなかったため、)
驚いてしまった。

かわいいネーミングに、
糖分摂取とは違ったレベルで、元気をもらった。

名前を知ったら、愛着が湧いてきた。
"ただのどら焼"が、"ちょっと特別などら焼"になった。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-11-09 22:25 | 動物=本文=

万葉集 巻八 1498

暇無み来ざりし君に霍公鳥われかく恋ふと行きて告げこそ

***

(暇が無くて来なかったあなたに、
 霍公鳥よ、わたしはこのように恋うていると、行って告げて欲しい。)

坂上郎女の歌。

古代の人々は、
カッコウとホトトギスを混同して認識していたのではないかと論じられるが、
その根拠として取り上げられる歌の一つだ。

「かく恋ふ」という語が、
カッコウの鳴き声、「カッコー」を聞きなしたものと指摘されている。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-10-27 07:33 | 動物=本文=

万葉集 巻一 84

秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山そ高野原の上

***

(秋になると、このように妻恋いの鹿の鳴き声が聞こえてくる山です。
 高野原の上は。)

鹿の鳴き声を、妻を求めて鳴いていると聴き、
「妻恋」という言葉で表している。

大学4年生の冬、
興福寺の追儺会に合わせて、
母親と二人で奈良に行った。

1泊2日の、
短い旅行だったけど、
行きは6時台の新幹線で、京都に9時前に着き、
帰りは19時台の新幹線で帰ったから、
2日間とは思えないほどの時間を過ごせた。

このブログのロゴ画像は、
そのとき、飛火野で撮った写真。

風は冷たいのに、
よく晴れていて、太陽の光が暖かく、
包み込むような柔らかさを持っているのに、
ピンと張り詰めている空気を感じた空間。

見渡す限り人が居なくて、
空間を独占している気分になった。

これが、野なんだなぁ…と思ったのを覚えている。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-09-11 09:15 | 動物=本文=

万葉集 巻十一 2421

来る道は石踏む山の無くもがもわが待つ君が馬躓くに

***

(あなたが来る道は岩場をぬう険しい道のある山が無くて欲しい。
 私の待つあなたの乗った馬がつまずいてしまうから。)

恋人の訪れを待つ側の歌。
「行き(=訪れるとき)」の道中で、
つまずかないようにと心配されている。

つまずくことを心配するのは、なんでなのだろう。
怪我をしないように?
足場の悪い道だと、恋人が諦めて帰ってしまうから?

なんでなのだろうと迷うことすらなく、
恋人や恋人の馬が怪我することを心配しているためだと思っていたが…。
どうも違いそうだ。

万葉集中の他の歌を見てみると、
恋人や家族が思っていることによって、
つまずくと詠われている歌もある。

特に、「帰り」につまずくのは、
ためらいの意味が含まれていたり、
共寝をして別れてきたばかりの恋人が思っているからだと
考えられていることが、
万葉集中の他の歌から分かる。

つまずくという語は、"妻(ツマ)が付く(ツク)"なのだろう。
通常、見かけるのは、"爪突く"だとする説明。

相手が自分を思っていることによって、
自分の身に変化が起きるのは、夢と同じだ。

よく言われる話だが、古代では、
恋人(もしくは異性)が自分のことを思っているために、
夢に恋人が出てくると考えられていた。

恋人が思っているからつまずくのであれば、
「行き」につまずいても良さそうなものだ。
なんで、つまずかないようにと、歌を詠んだのだろうか。

これは、
自分以外の他の恋人の思いによってつまずき、
そちらの恋人のほうに行ってしまうことを避けるために、
身を案じているからだと説明することができるかもしれない。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-08-26 06:39 | 動物=本文=

万葉集 巻二 164

見まく欲りわがする君もあらなくになにしか来けむ馬疲るるに

***

(会いたいと思うあなたは居ないのに、どうして来てしまったのだろう。
 馬が疲れるだけなのに。)

我が家(と言っても、2人しか居ないけど)では、夏風邪流行中。
風邪をひくと、
ヤクルトのソフールが食べたくなる。

一歩進むと、グレープフルーツゼリー。
もう一歩進むと、みかんゼリー。
そうして、肉じゃがまでたどり着いた頃には、ほぼ完治。

風邪気味かな?と思ったら、
葱をたっぷり使ったお味噌汁を作って飲むようにしている。
それだけで、その後の症状が違ってくる気がする。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-08-01 23:56 | 動物=本文=