<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

万葉集 巻七 1142

命幸く久しくよけむ石走る垂水の水をむすびて飲みつ

***

(命も無事で長く良くあってほしいと、岩を激しく流れている滝の水を手にすくって飲んだ。)


d0009323_1527758.jpg


***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-30 15:25 | その他=本文=

万葉集 巻八 1653

今の如心を常に思へらばまづ咲く花の地に落ちめやも

***

(今のように、心を変えずに思っていたら、
 最初に咲く花のように、簡単に地に落ちてしまうことがあるだろうか。)

この花が「梅」を指していることは、
歌に先立つ題詩から分かる。

花が散るというのは、
恋の失敗の比喩だと解釈されている。

***

昨日、岸田今日子が亡くなっていたことを知った。
岸田今日子と聞いて、最初に思い出すのは、
ムーミンのパペットアニメ。

一人で、登場人物すべての声を担当している。

2003年の夏、
渋谷シネクイントでモーニングショーをしていて、
何回か見に行った。懐かしい。

今でも、定期入れに、チケットの半券が入っている。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-23 20:43 | 恋=本文=

万葉集 巻二 111

古に恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行く

***

(昔を恋うる鳥だろうか。弓絃葉の御井の上を鳴きながら渡って行く。)

古(いにしへ)は、「去(い)にし方(へ)=去っていった方」と分解して考えると、
意味が分かりやすい。

キットカットの"きっと、サクラサクよ。"バージョンの大袋を見つけて、
つい買ってしまった。

去年は、手を出さなかったのに…。
あれから一年。まだ一年。もう一年。

手にとったキットカットには、
  『今、がんばらないで、
   いつ、がんばる?』
と書いてあった。本当にその通り。

自分の問題なのに、
自分一人の力で解決できないことが多い。恥ずかしいことだと思う。

先日、相談した友達から、
  『うまくいかない状況があるときに、誰かが支えてくれる、
   そんな環境と関係を育ててこれた自分を、
   ほめてあげてください。』
というメールをもらった。素直に嬉しかった。

年内の授業が、今日で終了。
明日からは、一応、冬休み。

年明け直ぐに、発表目白押しで、
ゆっくり休めないのが現実だけど、
それでも、ちょっと一息。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-20 21:56 | 動物=本文=

万葉集 巻十三 3251

大船の思ひたのめる君ゆゑに尽す心は惜しけくもなし

***

(大船のように頼りに思っているあなたゆえ、
 あなたに尽くす心を惜しいと感じることはない。)

新書ブームと言われているけれど、
私は新書好きのため、嬉しいことだ。

良い本が、どんどん出回って欲しい。

今、手元にあるのは、
三浦佑之『金印偽造事件 ―「漢委奴国王」のまぼろし』

推理小説のようで、興味しろかった。
ぜひ、近い将来、科学的な分析をしてもらいたい。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-15 10:01 | その他=本文=

万葉集 巻八 1648

十二月には沫雪降ると知らねかも梅の花咲く含めらずして

***

(十二月にはまだ沫雪が降ると知らないのか、梅の花が咲く。つぼんでいないで。)

今年も、あと半月ほど。

"師走"というだけあり、
いつにもまして、バタバタとしている。

寒いのが苦手なので、
春が待ち遠しい。

***
[PR]
by hapipi_hapipi | 2006-12-13 21:48 | 季節=本文=